教員紹介

教員紹介(兼清 健志)

更新日
(西暦.年.月.日)
2024.4.1
氏名(漢字) 兼清 健志
氏名(フリガナ) カネキヨ ケンジ
氏名(ローマ字) KANEKIYO Kenji

基本情報

所属部署
(学部・学科)
リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科
職名 教授
E-mail
学歴・主な職歴
年.月 大学・学部・学科,大学院・専攻名, 機関名・所属部署・職名等
2007.9
富山医科薬科大学大学院薬学研究科 博士後期課程 修了
2007.10
富山医科薬科大学大学院医学薬学研究部・生薬学研究室・協力研究員(2007.12まで)
2008.1
理化学研究所 システム糖鎖生物学研究グループ 疾患糖鎖研究チーム 研究員〜特別研究員等 (2013.7まで)
2013.8
藍野大学 再生医療研究所 助教 (2015.3まで)
2015.4
藍野大学 再生医療研究所 (2016から中央研究施設) 講師 (2020.3まで)
2018.4
藍野大学 医療保健学部 臨床工学科 講師 (2020.3まで)
2020.4
びわこリハビリテーション専門職大学リハビリテーション学部理学療法学科 准教授(2024.3まで)
2024.4
びわこリハビリテーション専門職大学リハビリテーション学部言語聴覚学科 教授
取得学位 博士(薬学)【富山医科薬科大学】
資格・免許
年.月 概要

教育研究活動に関する事項

専門分野 神経再生、幹細胞生物学、グリア細胞
所属学会 日本解剖学会、日本神経科学学会、日本再生医療学会、日本組織細胞化学会、日本生化学会、日本糖質学会、日本薬学会
研究課題(テーマ) 細胞や足場材の移植、栄養因子投与、リハビリテーション等による脊髄の再生
主要研究業績
種別 題目 単著・共著の別 掲載誌・機関誌名・ページ等 発行年月
学術論文(査読有)
Brain-specific glycosylation of protein tyrosine phosphatase receptor type Z (PTPRZ) marks a demyelination-associated astrocyte subtype
共著
J Neurochem, 166(3):547-559.
2023
学術論文(査読有)
Spinal Cord Regeneration: the mechanism re-considered.
共著
Biwako J Rehab Health Sci, 1: 11-17.
2022
学術論文(査読有)
Structures of filum terminale and characteristics of ependymal cells of its central canal in rats.
共著
Brain Res, 1707:208-215.
2018
学術論文(査読有)
Effects of multiple injection of bone marrow mononuclear cells on spinal cord injury of rats.
共著
J Neurotrauma, 34(21):3003-3011.
2017
学術論文(査読有)
Transplantation of choroid plexus epithelial cells into contusion-injured spinal cord of rats.
共著
Restor Neurol Neurosci, 34:347-366.
2016
学術論文(査読有)
Locomotor improvement of spinal cord-injured rats through treadmill training by forced plantar placement of hind paws.
共著
Spinal Cord, 54:521-529.
2015
学術論文(査読有)
Loss of branched O-mannosyl glycans in astrocytes accelerates remyelination -Role of GnT-IX in cuprizone feeding-
共著
J Neurosci, 33(24):10037-47.
2013
学術論文(査読有)
Identification of Ectonucleotide Pyrophosphatase/Phosphodiesterase 3 (ENPP3) as a Regulator of N-Acetylglucosaminyltransferase GnT-IX (GnT-Vb)./div>
共著
J Biol Chem, 288(39):27912-26.
2013
学術論文(査読有)
Evaluation of an edible blue-green alga, Aphanothece sacrum, for its inhibitory effect on replication of herpes simplex virus type 2 and influenza virus type A.
共著
Biosci Biotechnol Biochem, 74(8):1687-90.
2010
学術論文(査読有)
Isolation of an antiviral polysaccharide, nostoflan, from a terrestrial cyanobacterium, Nostoc flagelliforme.
共著
J Nat Prod, 68(7):1037-41.
2005
講師・講演・発表など
種別 著書名・講演題目など イベント名・掲載誌・ 機関誌名・ページ等 実施年月
ポスター発表
Response of central canal ependymal cells to spinal cord contusion injury.
第125回日本解剖学会総会・全国学術集会
2020.3
ポスター発表
Low Adhesive Scaffold Collagen Prepared From Type I Collagen Promotes Neuronal Survival And Neurite Outgrowth
ASCB | EMBO 2019 meeting
2019.12
ポスター発表
脊髄損傷治療へ向けた終糸の中心管上衣細胞の解析
第92回日本生化学会大会
2019.9
口頭発表
外傷性損傷による脊髄の微小環境変化と神経再生
第38回日本糖質学会年会
2019.8
ポスター発表
Characteristics of the ependymal cells in the filum terminale and its therapeutic potential for spinal cord injury
第42回日本神経科学大会
2019.7
Resarchmap https://researchmap.jp/kenjikanekiyo

社会活動に関する事項

主な社会活動等
年.月 内容