教員紹介

教員紹介(中野 法彦)

更新日
(西暦.年.月.日)
2024.3.25
氏名(漢字) 中野 法彦
氏名(フリガナ) ナカノ ノリヒコ
氏名(ローマ字) NAKANO Norihiko

基本情報

所属部署
(学部・学科)
リハビリテーション学部 言語聴覚療法学科
職名 教授
E-mail n-nakano@aino.ac.jp
学歴・主な職歴
年.月 大学・学部・学科,大学院・専攻名, 機関名・所属部署・職名等
1994.3
北海道大学医学部医学科 卒業
1999.3
大阪大学大学院医学系研究科 修了
1999.4
大阪大学医学部附属病院 基礎系医員(1999.11まで)
1999.11
大阪府立母子保健総合医療センター研究所 研究員・主任研究員(2004.3まで)
2004.4
杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師 (2007.5まで)
2007.6
藍野大学 准教授(2020.3まで)
2020.4
びわこリハビリテーション専門職大学リハビリテーション学部理学療法学科 教授
2024.4
びわこリハビリテーション専門職大学リハビリテーション学部言語聴覚療法学科 教授
取得学位 博士(医学)【大阪大学】
資格・免許
年.月 概要
1994.5
医師免許

教育研究活動に関する事項

専門分野 神経再生、幹細胞生物学、生体分子医学
所属学会 日本生化学会、日本癌学会、日本再生医療学会、日本神経科学学会
研究課題(テーマ) 体性幹細胞による脊髄の再生
主要研究業績
種別 題目 単著・共著の別 掲載誌・機関誌名・ページ等 発行年月
学術論文(査読有)
Structures of filum terminale and characteristics of ependymal cells of its central canal in rats.
共著(筆頭)
Brain Res, 1707, 208-215.
2019
学術論文(査読有)
Effects of intrathecal injection of the conditioned medium from bone marrow stromal cells on spinal cord injury in rats.
共著
J Neurotrauma, 35, 521-532.
2018
学術論文(査読有)
Effects of multiple injection of bone marrow mononuclear cells on spinal cord injury of rats.
共著
J Neurotrauma, 34, 3003-3011.
2017
学術論文(査読有)
NTAK/Neuregulin-2 secreted by astrocytes promotes survival and neurite outgrowth of neurons via ErbB3.
共著(筆頭)
Neurosci Lett, 622, 88-94.
2016
学術論文(査読有)
Transplantation of choroid plexus epithelial cells into contusion-injured spinal cord of rats.
共著
Restor Neurol Neurosci, 34, 347-366.
2016
学術論文(査読有)
Effects of bone marrow stromal cell transplantation through CSF on the subacute and chronic spinal cord injury in rats.
共著(筆頭)
PLoS One, 8, e73494
2013
学術論文(査読有)
Characterization of conditioned medium of cultured bone marrow stromal cells.
共著(筆頭)
Neurosci Lett, 483, 57-61
2010
学術論文(査読有)
Bone marrow stromal cell transplantation for treatment of sub-acute spinal cord injury in the rat.
共著
Brain Res, 1332, 32-47
2010
学術論文(査読有)
Gliclazide inhibits proliferation but stimulates differentiation of white and brown adipocytes.
共著(筆頭)
J. Biochem, 142, 639-645
2007
学術論文(査読有)
The N-terminal region of NTAK/neuregulin-2 isoforms has an inhibitory activity of angiogenesis.
共著(筆頭)
J. Biol. Chem, 279, 11465-70
2004
講師・講演・発表など
種別 著書名・講演題目など イベント名・掲載誌・ 機関誌名・ページ等 実施年月
ポスター発表
ラット脊髄損傷モデルにおける細胞低接着性コラーゲン注入による組織再生の検討
第38回日本整形外科学会基礎学術集会
2023.10
特許
神経損傷治療剤
特許第7012970号
2022.1
ポスター発表
Analysis of neuronal regeneration on low adhesive scaffold collagen.
第43回日本神経科学大会
2020.7
Resarchmap https://researchmap.jp/nakanon17

社会活動に関する事項

主な社会活動等
年.月 内容